重要!水分補給と白い歯には関係があり!黄ばんだ歯予防には水分補給を!


水分を補給している人は歯が黄色くなりずらいという事実を知っていますか?
私はその事が知らなくて、白い歯に憧れて当時人気のホワイトニング商品を使いました。

 

 

 

私は実際に黄ばんだ歯から白い歯になることができたんですが、また、同じ生活習慣だと再度、歯は黄色くなってしまうという事が心配でした。その為、歯が黄色くならないように調べつくしました(笑

 

 

 

コーヒー、タバコは出来るだけ吸わない、飲まない。コーヒーの場合は飲んでしまったらすぐにうがいを徹底する事などを知りました。
今までの生活習慣ではそのような事は一切しなかったので反省です!

 

 

 

コーヒーやたばこの場合は色素沈着が原因です。
しかし、色素沈着だけが歯を黄色くするのではなかったんです。

 

 

 

 

一番衝撃だったのが「水分補給と白い歯の関係性」です。
歯が黄色くなる人は、口の中が渇きやすい状態にあります。口の中が渇いた状態が続くと口の中の色素を付ける細菌が活性化して、歯に汚れが付着しやすくなります。

 

 

 

さらに、口が渇くと歯も渇きます。渇いた歯は通常の飲食物やタバコのヤニなどで歯に付く率が格段と上がります。
渇いた歯は色が付着しやすいんです!

 

 

 

遺伝的に唾液の量が多い人は口の中が渇く状態が少ないので歯の色も白い状態の人が多いのです。
私を含め、歯の黄ばみで悩む人は遺伝的に唾液量は多いとは言えないと思います。また、唾液量が多くて歯が黄ばみやすい人は、口呼吸の人、歯並びの悪さから口が結ぶ時間が少ない人が口が渇きやすく歯も黄ばみやすいのです。

 

 

 

この対応策として水分補給が重要な意味にあるんです。
一度黄色くなってしまった歯の場合はこれから水分補給を心がけても、すぐには白くはなりません。

 

 

 

ベストな対処方法としてまずは、ホワイトニング方法を実施する事がベストです。まずは現在の黄ばんだ歯をホワイトニングで白い歯にしましょう!

 

 

そして、その後、歯が白くなったのを確認したら、今後の生活で@「水分補給を多めに取る事」、A「タバコは出来るだけ吸わない」、B「コーヒーの後はうがいを徹底する」この3つを心がけると良いでしょう。

 

 

 

 



歯を白くする方法
歯を白くする人気商品
専用のセルフホワイトニング
歯磨き剤タイプのホワイトニング
最新のホワイトニング商品

重要!水分補給と白い歯には関係がありチェック

黄ばんだ歯は相手に不快感を与える
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!