セラミック使用のラミネートベニアでの歯を白くする方法はデメリットあり!


上記はセラミック施術後写真

 

 

 

歯を白くする事が出来る方法の中で私が1番オススメするのは「ホワイトニング方法」です。

 

 

その中でも自分で出来るセルフホワイトニング方法が効果的にも費用的にもオススメ出来る方法になります。
しかし、歯を白くする事だけに焦点を当てるとセラミック方法があります。セラミックを使った方法の中でも「オールセラミック方法」と呼ばれる方法になります。

 

 

 

歯を白くするだけと記載したのは費用が莫大にかかるからです。
ホワイトニングもそうですが、セラミックも審美歯科で美容項目になりますので健康保険は適用外になり、費用は全額の自己負担になります。

 

 

ホワイトニングが数万単位ならセラミックは数十万単位になり得ます(個人の歯による)
さらに、ホワイトニングみたいに薬剤手法ではなくて、歯を実際に削る施術をします。
歯を削ってそこにセラミックを貼るのが最近の歯を白くするセラミック手法で「ラミネートベニア」と呼ばれる方法になります。

 

 

 

確認!費用が莫大のラミネートベニア手法!一般人ならホワイトニングで対処しよう!


歯を削る費用やセラミック貼付費用などの費用の他に、セラミックは欠損が多いのものです。割れや欠損が出るとその都度修正の施術をするのでそこでさらに費用がかかります。

 

 

その費用も全額自己負担になりますからメンテナンスをしていくのにもお金が多く必要になります。

 

 

 

このセラミックを使用したラミネートベニア方法は費用に余裕がある人のみ、おすすめします。
さらに、後戻り出来ないという事もデメリットとしてあります。

 

 

後戻りできない理由としては、ラミネートベニア方法は「歯を白くする薬剤」は使わずセラミックを添付するのですが、その為に歯を削ってしまいます。当然、、削った歯は二度と元には戻りません。

 

 

 

つまり、表面を削った状態を隠すには永久的にセラミックを添付している必要があります。
さらにセラミックは欠損が出やすいので、その都度メンテナンスは必須です。欠損した場所はその下の削った歯が見えてしまう為に目立ちます。

 

 

セラミックのラミネートベニア方法を実際にしている人は芸能人や有名なスポーツ選手など一部です。
多くの人は歯を白くする為にセラミック方法ではなくてホワイトニング方法を選ぶのがこの理由からです。

 

 

 



歯を白くする方法
歯を白くする人気商品
専用のセルフホワイトニング
歯磨き剤タイプのホワイトニング
最新のホワイトニング商品

セラミック使用のラミネートベニアチェック

重曹について
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
ホワイトニング
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
歯磨き粉・歯磨き剤
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!