危険!重曹を使い黄ばんだ歯を白くする方法は使用するな!


歯を白くする方法、歯の黄ばみを取る方法に重層を使う方法があります。

 

 

家庭にある重層は実は研磨作用があります。この研磨作用を利用して歯の表面を磨く事が出来て、結果、歯が白くなるので歯を白くするのに重層を使うと良いという口コミなどがあります。

 

 

また、重層は弱アルカリ性の性質を持っています。歯の黄ばみの原因の1つである歯垢は酸性になりますので、反応して除去しやすいという点も合わせて持っています。

 

 

 

 

研磨作用あり!重層はおすすめ出来ない!


家庭のどこにでもある重層を使えば簡単に黄ばんだ歯を白く出来ると言えばウソではないですが、あまり実践している人が少ないのは理由があります。

 

それは、重層には研磨する作用があるのですが、それが思ったよりも強い作用だという事。
重層で歯を磨く場合、この強い研磨作用により、歯を傷つけてしまうケースが多数起きています。

 

 

歯を傷つけるだけでなくて、歯茎、口の粘膜なども簡単に研磨されてしまうので
口中傷だらけという状態になる事も有り得ます。

 

 

 

また、研磨作用で歯のエナメル質を傷つける可能性もあります。歯の表面にあるエナメル質が薄くなってしまうとその下にある象牙質が見えてきます。この象牙質は成人になると黄色い状態になっている事が多いので、結果的に象牙質の黄色さが浮き出てしまい、余計黄ばんで見えてしまいます。

 

 

 

黄ばんだ歯を取る為の重層がより黄ばんだ歯にしてしまうと言う惨事を招いてしまいます。
エナメル質が薄くなって象牙の黄ばみが浮き出てしまう場合の黄ばみの場合は通常の歯磨きでは白さは戻りません。

 

 

この場合、どうしても自宅で白い歯にしたいのなら「自宅で出来るホワイトニング」が有効になってきます。
自宅以外でも歯医者に通う方法も入れると様々まホワイトニング方法があります。詳細は「黄ばんだ歯を白く出来るホワイトニング方法」で紹介していますので確認してください。

 

 

 

 

重層は手軽に使えますが、他にも安全面を考えると使うべきではないと思います。
また、重層に含まれる非常に高い塩分も健康被害に繋がります。

 

 

 

さらに、重層を使用して黄ばんだ歯を白くしようとした人が研磨作用で歯茎に傷をつけてしまった場合、そこから病気に繋がる可能性もあります。
繰り返しますが、黄ばんだん歯を白くする事で「重層」はおすすめ出来る方法ではありません。

 

 

 

 

どうしても重曹を使いたい場合!必ず家庭用重曹で実践すべし!


重層には種類があります。家庭用で使う重層や、工場などで使う重層などがあるのですが、どちらも一般購入が出来てしまうもので、間違って家庭用で使用する重層ではない重層を購入して歯磨き粉として使用してしまい、健康被害が出てしまうケースがありました。

 

 

家庭用の重層以外は誤って飲み込んでしまうと健康被害をもたらす重層もありますので、もし、どうしても重層を使いたいのであれば確実にスーパーなどで売っている重層を購入しましょう。

 

 

家庭用の重曹はAmazonの「ネット通販」でも安く購入する事が出来ます。

Amazonショップ ⇒「重曹(じゅうそう)一覧

 

 

 

 



歯を白くする方法
歯を白くする人気商品
専用のセルフホワイトニング
歯磨き剤タイプのホワイトニング
最新のホワイトニング商品

重曹についてチェック

ホワイトニング
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
歯磨き粉・歯磨き剤
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
セラミック使用のラミネートベニア
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!