黄ばんだ歯を白くする 習慣

黄ばんだ歯を白くするちょっとした習慣


黄ばんだ歯を白くする方法をいくつか紹介しましたが、どれも施術なり、商品購入なりお金が必要な事ばかりですよね(*_*;
ここでは、生活習慣などの改善で歯を白くする事が出来る方法、また、白い歯になっても再度黄ばんだ歯にならない習慣方法などを記述していきます。

 

タバコは吸わない習慣をつける

タバコのヤニは非常に歯に着色させる作用があります。タバコを吸わないだけでも歯の色は全然変わってきます。
タバコを辞めるのに、歯を黄色くさせない為、白い歯に戻す為と同じに健康にも悪いので健康の為と考えてきっぱり辞めてみましょう。
タバコを辞めて数か月で歯の色が白くなっているのに気が付く事になるかもですよ(#^.^#)

 

 

コーヒーを飲んだ後はうがいをする習慣をつける

タバコの次に着色が強いのがコーヒーです。しかし、コーヒーを飲むのを止めるなんて事はしなくてもコーヒーの場合は、口の中に残ったコーヒー成分が数時間かけて歯に着色していきます。
なので、コーヒーを飲んだ後水でうがいをするだけで着色を防ぐ効果があります。
コーヒーは飲んでも大丈夫です。ただ、飲んだ後うがいをする、又水を飲むだけでもコーヒー成分が流れて着色を防いでくれますのでうがいをするか水を飲むなどの習慣をつけてみてください。

 

 

水分を多めに摂取する習慣をつける

この水分の量が黄ばんだ歯のキーワードになります。タバコも吸っていない、コーヒーも飲まないのに歯が黄ばみやすい人は遺伝的に口の中が渇きやすい状態にあると言えます。
口の中が渇くと雑菌、細菌が繁殖しやすい環境になります。その為に歯にそれらが付着しやすくなり、黄ばんだ歯になりやすいのです。
唾液の分泌量は人によって個人差があります。

 

 

歯がいつまでも白い人のほどんどが、唾液の分泌量が通常よりも多いとの研究成果が大学の研究論文でも発表されています。
生まれつき唾液の分泌量が少ないと感じる人、口が渇きやすいと感じる人は通常よりも水分を多めに摂取する事を心がけてください。
それだけで、黄ばんだ歯が白くなり、白い歯なら黄ばむ事を防止する効果が高まります。

 

 

この3つを守った生活習慣にすると黄ばんだ歯は白くなりやすくなり、さらに黄ばんだ歯を白くする方法にて白くなったとしたら再度黄ばんだ歯になる事を予防する効果もあります。
この生活習慣は難しいものではないと思うので歯を白くしたい、黄ばんだ歯になる事を予防したいと思うなら実践してみてくださいね(#^.^#)


歯を白くする方法・商品

歯を白くする方法 自宅で歯を白くする商品

黄ばんだ歯を白くするちょっとした習慣関連ページ

自然な白い歯にする方法
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
黄ばんだ歯を白くする方法
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
黄ばんだ歯を白くしたい時にやる事
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!
ホワイトニングが自宅で出来る方法
黄ばんだ歯を白くする為に私が実践したこと!