黄ばんだ歯を白くできました!


女性でも、男性でも、黄ばんだ歯って印象悪いんですよね・・・・。
きちんと歯磨きもしていますし、毎日定期的にしていても、黄ばんだ歯になる人はなるんです!

 

 

 

 

黄ばんだ歯になる原因の多くはコーヒー&たばこ!


まず黄ばんだ歯にする原因と言うのは、コーヒーとたばこ、この2点が多くを占めます。。
コーヒーにはタンニンが多く含まれていて、このタンニンという物質が歯の黄ばみの原因になっています。

 

 

タンニンは、歯にだんだんと沈着していって黄色くなっていきます。
また、通常の飲食でも着色が強い物は、その色素が歯に付きやすくなります。その中でも強いのがコーヒーです。着色がとても強いので歯が黄色くなりやすいのです。

 

 

 

 

 

たばこ吸わない・コーヒー飲まないでも歯は黄ばむ!


コーヒーやたばこを吸わない人でも歯は黄ばむ人は黄ばんでしまう事もあります。

 

 

その場合の原因は、口の渇きが関係しています。
これは遺伝的に口が渇きやすい人、渇きづらい人がいます。唾液の分泌量に差があるのですがそれが大きく関係しています。

 

 

 

口が渇く事で、2方向の面から歯が黄色くなります。
まず、1つ目は、
@口内が渇くと口の中の雑菌が繁殖しやすくなる状態になります。
そのような状態を放っておくと口の中で細菌繁殖が活性化して歯に付着していきます。

 

 

2つ目は
A口が渇くと歯も渇きます。
渇いた状態の歯は通常よりも色が付きやすい状態になってしまいます。この渇いた歯に飲食物の着色や、タバコ等のヤニが通常以上に付着しやすい為に歯が黄色くなりやすくなります。

 

 

これがコーヒーも飲まない、たばこも吸わないのに歯が黄ばむ人の大きな原因です。

 

 

口が渇きやすいという事は遺伝が関係していて、自然と潤いを保つような口にするのは難しいです。
口の渇きの改善方法として出来る事が、口の中が渇いた状態が続かないように1日の中で定期的に水分を摂取すると細菌が繁殖しづらい口内環境になり、結果、歯の黄ばみも付きずらくなります。

 

 

 

また、黄ばんだ歯になってしまっても、口の潤い状態が続くと、徐々にですが、白くなっていきます。(個人差があります)
さらに、個人によりますが、口呼吸の癖がある人、歯並びが原因で口が閉じている状態が難しい人(また、閉じている時間が短い人)も口内が渇きやすい状態になります。

 

 

 

 

黄ばんだ歯に個人差がある理由は遺伝もあり!


個人差を深く探ってみると、歯の表面の質、歯の形、歯並び、唾液の性質や量がそれぞれ歯の黄ばみとの関係を作っていて、これが個人によって違う為に、歯の黄ばみ度合いに個人差が生まれます。

 

 

多少ながら遺伝も関わっている事も事実です。
歯の並びや唾液が多く出る、少ないなどは生まれつきの遺伝が大きく関わっているからです。

 

 

歯並びなどが悪いと、口の結びが悪い為に口が渇きやすく、口内で雑菌が繁殖しやすい状態になります。
歯が黄ばみやすい事と歯並びは関係ないように思いがちですが、実は重要な関係性があるのです!

 

 

 

しかし、当サイトでは遺伝的に黄ばみやすい質を持っていても、黄ばみを予防する「白い歯の為の水分補給法」なども紹介しているので参考に読み進みめてくださいね!

公開!歯の黄ばみを防ぐ予防法&歯を白くする改善方法


歯の黄ばみは、コーヒーやたばこ、又は着色が強い食べ物などを長年摂取する事で付いてしまいます。
しかし、歯の黄ばみは改善する事が出来ますので悲観的にならないようにしましょう!

 

また、コーヒーやたばこの着色については予防する方法もあるので参考にしてくださいね!

 

 

 

チェック!コーヒーでの歯の黄ばみの予防法


コーヒーを飲んだ後は、歯磨きをするのがベストです。
単純ですが、昔も今も変わっていないですね。

 

 

コーヒー飲んだら歯磨きと頭の中にインプットするといいかもですね!
そんな時間が無い、仕事の関係等でどうしてもできない、毎回飲むごとに歯磨きは面倒という場合は、水でうがいするだけでも、歯の黄ばみをある程度防ぐ事が出来ますよ!

 

 

 

チェック!タバコの原因の黄ばみの予防法

 

昔から誰でも知っているタバコは歯を黄色くするという事実はやはり正解になります。
では、先に述べたコーヒーとタバコでは、どちらの方が歯が黄ばむ原因になるんでしょうか?

 

答えは、タバコです!

 

そしてタバコの場合は歯が黄ばむだけではありません。
タバコのヤニは歯の黄ばみの原因だけでなくて、ヤニ臭さを充満させてしまいます。
それが、口臭や歯周病の原因になるのです。

 

 

 

タバコのヤニは歯を黄色くさせるだけではなく、病気の元にもなってしまいます。
タバコのヤニに比べるとコーヒー等は黄ばみの付きやすさはそれほど強くないですが、それが長年続くと通常の歯のクリーニングでは落ちづらくなります。

 

 

 

コーヒーも多少黄色くなりますが、やはり歯を黄色くする度合いがタバコのほうが格段に上です・・・。
よく考えてみると。壁紙やクロスに取りついたタバコのヤニは通常の洗剤だと落ちにくいですからね。
そんな色素が歯に付くんですから、なかなか落ちない理由が分かりますよね。まして口の中なので洗剤なんて使えないですしね(笑

 

 

 

そのタバコのヤニが歯に付着する中でも、歯の隙間やかみ合わせ部分に付着したタバコのヤニは、歯医者でもなかなか落とせないほど強力なんです。歯磨きで歯磨き粉を付けて1日1時間毎日磨いても落ちませんよ!

 

 

 

 

 

病院も認めてくれた!黄色い歯を歯を白くする事は自宅でも出来る!


知り合いの歯医者さんや、大学病院の口腔外科勤務の歯科衛生士さんの知り合いに話をしたところ、現在は歯医者に行かなくても自宅でも黄ばんだ歯を白い歯にする事が可能になった事を認めてくれました!

 

 

そのような商品が発売されたからですね!
私も紹介されて、実践した結果、1週間程度で簡単に歯の黄ばみが取れてきました。

 

 

 

さらに使い続けて今では白い歯に戻る事に成功しました!
このような歯を白くする商品を使い続けていればタバコやコーヒーを習慣にしていても大丈夫だと思いましたが、私は以前のように歯が黄ばんだ経験を思い出し、そしてタバコ等は健康にもよくないと頭に言い聞かせてきっぱり辞める事にも成功しました。

 

 

 

売り切れ御免!自宅で黄ばんだ歯を白くさせる専用商品


以下が私が使用して黄ばんだ歯を白くさせることができた商品も含んだセルフホワイトニングと言われる商品です。
歯医者で実践する事も出来ますが、美容系の施術の為、高額になってしまいます。

 

 

 

そこで、ホワイトニングの効果を若干落とす事で市販商品でも歯を白くするホワイトニング商品が購入出来るようになったのです!
売り切れていたらごめんなさい・・・・(悲

 

 

セルフホワイトニング専用タイプ

パールホワイトプロEX


歯を白くするホワイトニング専用の商品です。通常の歯磨き後に実施するタイプです。
効果の面でも歯磨き剤タイプよりも高めですので本気で歯を白くしたい人にオススメです!

 

 

 

 

 

歯磨き剤タイプ

歯磨き剤【薬用オーラパール】

 

こちらのセルフホワイトニングは歯磨き剤タイプです。歯磨きとホワイトニングを別にする必要がなく、毎日の歯磨きの代わりに使用出来るタイプなので、毎回歯磨きしてからホワイトニングが面倒という人に向いています。

 

 

 

 

 

最新!口腔ケアとホワイトニングが同時に出来るタイプ
プレミアムブラントゥース

 

最新のセルフホワイトニング商品です。メリットは歯を白くするホワイトニング効果が高いのに、他の口腔ケア的な効果も付随している点ですね!

 

専用ホワイトニングとしての高い効果+口臭ケアや粘着き防止ケアなど基本的な口腔ケア効果があります!

 

 

 

 

 

 

上記の方法で歯を白くしたら、今後この商品を使わないで、白い歯であり続けるポイントとしては、ミネラルウォーターを持ち歩いて、随時水分補給をする事が望ましいです。

 

 

ストレスがある時や、疲れているときは、口の中が 乾燥しやすくなるんです。
もし、口の中が乾燥すると、歯の表面に汚れが付着しやすくなり、これが黄ばみの原因になるからです